秀ノ山雷五郎(大関) 公称九代横

香蝶桜国貞 画
 宮城県気仙沼市出身、南部藩のお抱え。
 天保8年(1837)不知火と同時入幕するも、同じ西方で下位だった為、大関栄進は4年後、横綱免許も不知火引退後の弘化2年(1845)と、すべて不知火の後塵を拝した。
 つるりと禿げ上った頭と、温和な顔立が特徴で、人気が高く錦絵にも多く描かれた。




last update [an error occurred while processing this directive]
copyright 1996 keicho.ltd. Allright.reserved.