春日山鹿右衛門(小結) 勝川春亭 画


 山形県出身、庄内藩お抱え。
 天明8年(1788)、関手川の名で序二段に出ていらい、荒海、次いで大綱、更に春日山と幾度も改名し、最高位は小結。文化14年(1817)、30年に亘る力士生活を終えたときは、実に51才だった。文化2年冬場所6日目、天下無敵の雷電を倒した星が光る。


一人立へ
境川浪右エ門


last update [an error occurred while processing this directive]
copyright 1997 keicho.Ltd.Allright.reserved.